加速・減速



二輪教習 アクセルを開けるのが怖い?ポイントは遠くを見ながらジワッと回す

余裕を持ったライディングは目線を遠くに

こんにちは、Gon-Kです。

「怖くてアクセルが開けられないです!」っていうコメントをいただくことがあります。それも結構な数。そう!初めはみんなアクセルを開けるのが怖いんです。でも大丈夫。目線をもっと遠くに、そしてグリップをジワッと回せば、バイクは安全に進みはじめます。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

二輪教習 非力でもバイクに乗れるコツ!骨格でGに耐える

Gは背骨で受ける

こんにちは、Gon-Kです。

バイクに乗るには筋力が必要と思ってませんか?もちろん、姿勢を維持する最低限の筋力は必要です。でも、別に腹筋が割れてる必要はないんです。実は、骨格で加速や減速のGに耐えれば少ない力で姿勢を維持できます。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6

二輪教習 スムーズな停止のコツ3!前後のブレーキは7:3?

前後7:3

こんにちは、Gon-Kです。

二輪教習で「バイクのブレーキは前と後ろが7:3です」と教わりませんでしたか?ナルホド納得しちゃいますが、よく考えると前輪ブレーキは手を使うし後輪ブレーキは足を使うので、どうやったら力の配分が7:3になるのか謎ですよね。うーん、謎です。でも深く考えなくても大丈夫。「右手を結構強く、右足をちょっと強めに」くらいの感覚で覚えときましょう。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

二輪教習 シフトアップのコツ2!ギアが硬くて2速に入らない

二輪教習スフトアップのコツアイキャッチ

こんにちは、Gon-Kです。

ギアを1速から2速に入れるとき、シフトレバーが硬くて入らないことありませんか?あわててクラッチを切ってガチャガチャやると、転びそうになりますよね。多くの場合、エンジンの回転数が低すぎることが原因です。1速で発進後、速やかに加速して十分にエンジンの回転数を上げれば、ギアはすんなり2速に入りますよ。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

二輪教習 スムーズな停止のコツ2!ウィリーしないコツ2つ

二輪教習ウィリーしないコツ

こんにちは、Gon-Kです。

停止しようとブレーキレバーを握ったとたん、なぜかアクセルをヴォーン!とフカしてしまったり、ウィリーしてふっ飛んだ経験がある人は多いんじゃないでしょうか。危険です!!どちらも腕に力みがあると起きます。予防策は、ブレーキレバーを右手の指で引くこと、そして、ヒジの曲げに余裕を持たせることです。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

二輪教習 シフトダウンのコツ!スムーズなシフトダウンのコツ2つ

二輪教習シフトダウンアイキャッチ

こんにちは、Gon-Kです。

スムーズなシフトダウンって、けっこう悩みますよね。シフトは順番に下げるのがいいのかそれとも一気に下げるのがいいのか?エンジンブレーキが効きすぎてギクシャクしちゃう!・・・など。結論から書きます。シフトは順番に下げます。そして、シフトを下げるときは、速度を十分おとしたところで、素早くクラッチを切ってシフトを下げ、また素早くつなげます。これで、スムーズなシフトダウンができます。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4

二輪教習 停止のコツ!スムーズな停止のコツ4つ

スムーズな停止

こんにちは、Gon-Kです。

二輪教習中、交差点や停止線で止まるとき、バイクがフラついてスムーズに止まれないことないですか?スピードがうまく落ちなかったり、ブレーキの効きすぎでガクンとなったり、足を着こうとしてフラついたり・・・。スムーズな停止のコツは、まず目線を停止位置に、ギリギリまでクラッチを切らず、ブレーキを徐々にかけて、そして、停止直前におもむろに左足を下すことです。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
14

二輪教習 シフトアップのコツ!クラッチとチェンジペダルを素早く

二輪教習シフトアップ

こんにちは、Gon-Kです。

シフトアップのタイミングがわからない、ギアを2速に入れたはずなのに入っていない、自分が今何速で走ってるのかわからない、などなど。二輪教習では、ギアのチェンジに苦戦しますよね。ややこしいギアチェンジですが、クラッチレバー、チェンジペダル、そしてアクセルをタイミングよく操作すれば、スムーズにこなせます。ギアチェンジがスムーズになれば、二輪教習もグッと楽しくなりますよ。


 

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
36

二輪教習 減速のコツ!減速できれば急制動もコーナーも楽になる

アイキャッチ減速

こんにちは、Gon-Kです。

今日は減速の話です。ブレーキをかけるたびにバイクの前方がガクンと沈む。それでもバイクは止まるので、まぁ、そんなものだと思っている。慣性で上体が前に持っていかれる。頑張って腕を突っ張ってこらえる。・・・これらは危険です。そのままでは、前輪がロックするかもしれません。雨天の教習や急制動では、特に危険度大です。

ではどうするか?減速のコツは、上体を起こすことと、体重を両足のステップにかけることです。減速が安定すると、急制動で安定して止まれます。また、コーナー手前での減速もスムーズになるので、その後の加速もスムーズになり、ライディングにメリハリが出ます。一見、地味な技術ですが、とても重要です。街中でキビキビ運転しているライダーを見かけることがあると思いますが、こういうライダーはみんな加速と減速のメリハリができています。少し意識すればできますので、一緒に減速をマスターしましょう。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

二輪教習の加速姿勢 空気イスでS字、クランク、スラロームが楽になる!

二輪加速

こんにちは。Gon-Kです。

今日は、加速のお話です。タイトルにいきなり空気イスと書きましたが、別に筋トレの話ではありません。

本題です。「加速ってアクセル開けるだけでしょ?教習では難しいこと考えなくてもいいんじゃない?」という方もいるかもしれません・・・・が、こんな症状はないでしょうか。

加速するときに、ハンドルにつかまるのが精一杯でクラッチレバーやフロントブレーキレバーをスムーズに操作できない・・・・。S字や大きなカーブを曲がるとき、ハンドルがなんかフラフラする・・・・。スラロームクランク、S字でバイクが曲がってくれない・・・・。

それは、加速の勢いで体が後ろにのけぞって、しがみついた手がハンドルの動きを邪魔しているせいかもしれません。つまり、加速の姿勢を適切にすることで、幾つかの教習項目が楽になるんです。理屈さえわかれば難しいことではないので、ぜひ、覚えてください。バイク操作がかなり楽になりますよ。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6