ハンドルの握り方



二輪教習 ギアチェンジのたびにエンジンがブオーンというときの対策!

ブオーンといったらアクセルは一旦閉じる

こんにちは、Gon-Kです。

二輪教習中に、シフトアップやシフトダウンなどギアチェンジすることって多いですよね。で、ギアを変えようとクラッチレバーをひっぱるたびにエンジンがブオーンと音を出すことってないですか。もし心当たりがあるなら対策は簡単、クラッチレバーをひく前にアクセルを完全に閉じてください。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

二輪教習 アクセルのコツ2 アクセルの遊びはグニュっと回す!

アイキャッチアクセルのコツ2

こんにちは、Gon-Kです。

バイクのアクセルにはたいがい遊びがあります。あの、アクセルグリップを全く回していない状態から、少し回してアクセルワイヤーが引っ張られるまでの、ワイヤーの余裕のことです。バイクの状態によって、この遊びの幅が少しずつ違うので、人によっては乗りにくく感じることがありますよね。例えば、スラロームなんかでアクセルグリップを回すとワンテンポ遅れてアクセルが開くので、加速が遅れうまくリズムが取れないなど。遊びがあってもアクセルが開くタイミングが遅れないためのコツは、ワンテンポ早めにアクセルグリップをグニュッと握ることです。


続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

二輪教習 レバーの握り方のコツ!指は4本がけ?

教習所では指は4本

こんにちは、Gon-Kです。

教習所ではクラッチやブレーキのレバーにかける指は4本と教えられますよね。でも本屋で売ってるバイク雑誌やライテク本を読むと、4本がけを勧める内容にはまずお目にかかりません。一体どっちが正しいんでしょう?答えは簡単、「教習所内では、4本がけ!」です。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

二輪教習 冬限定!グローブの指先が余ってるときの対策

バイクでクリスマス

メリークリスマス!Gon-Kです。

今日は冬限定のネタです。

アクセルやクラッチなどハンドル周りの操作を快適にするためには、自分の手にフィットしたグローブをはくのが大事ですよね(→以前の記事も参考)。そうはいっても手が小さいのでなかなかサイズの合うグローブが見つからないというあなた、指先が余ってレバーとかウィンカーの操作がしにくくないですか?そんなとき、インナーとしてもう一枚中にグローブをつけるとジャストサイズでいい感じになります。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8

二輪教習 腕の力みを取るコツ!ジャストサイズのグローブを着ける

二輪教習グローブはジャストサイズで

こんにちは、Gon-Kです。

安く上げるために軍手を履いてたり、間に合わせで買った大き目のグローブを使っている人はいませんか。もし、アクセルやクラッチの微妙な操作が難しいと感じてたなら、それは、その軍手やグローブが問題かもしれません。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

二輪教習 クラッチレバーを軽い力で握るコツ2つ!

アイキャッチクラッチを軽く

こんにちは、Gon-Kです。

クラッチレバーを握り続けていると、左手の指が痛くなることってないですか。ひどい場合は腱鞘炎なんてこともあります。辛いですよね。二輪教習ではクラッチ操作やクラッチレバー握りっぱなしが頻繁にあります。じつは、レバーの握り方やつかむ場所を変えるだけで、少ない力でレバーを引けます。握力がなくても二輪免許は取れます。一緒に二輪免許をつかみ取りましょう。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4

二輪教習 アクセルのコツ!スラロームもS字もクランクも、アクセルの握りが大事

アイキャッチアクセル

こんにちは、Gon-Kです。

二輪教習では、加速と減速を使う場面がたくさんあります。スラロームS字クランクなど、コーナー手前で一度減速しますよね。その後加速して立ち上がるわけですが、そのときにアクセルを回すと、ガクン!と急加速しちゃうことってありませんか。たまに、コース外まで飛び出しちゃったりして(コースアウトは検定中止です)。ゆっくりアクセルを開けようとしたのに、バイクが急に反応しちゃう・・・・・・・・・。こんなとき、アクセルグリップの握り方と回し方を改善することで、もっとスムーズに加速できます。アクセルの回し方なんて、そんな細かいことは考えられない?大丈夫です。頭の片隅でちょっと意識するだけで、ずいぶん走りが変わります。では、一緒にアクセルの握り方を考えましょう。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
30