バイクで公道デビュー 前傾姿勢でスマートに発進!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクの加速は背骨を前傾

こんにちは、Gon-Kです。

言わずもがなですが、バイクに乗れててかっこいい人って体に力みがないのに、でもライディングフォームがカチッと安定してますよね。特に発進の加速でバイクにしがみついてる感がない。コツは前傾姿勢です。


今更ですが、バイクが発進するときにはGがかかりますよね。急加速ほど大きなGがかかる。で、体の使い方がわからないと頑張ってハンドルにしがみついちゃうことになります。そうすると、バイクも不安定になるし、傍目にもバイクの加速においていかれまいと頑張ってる感満点になってしまいます。

バイクの発進時は前傾しないと体がおいていかれる

そもそもバイクってとんでもなく力があります。250 ccだって30馬力前後あるじゃないですか。30馬力っていえば馬30頭です。そりゃ、体がおいていかれたらしがみつくだけで精一杯。じゃぁ、バイクを乗りこなしてる人って、馬鹿力なんでしょうか。もちろんそんなことないですよね、要は乗り方です。

バイクの30馬力は強力です

前傾になることでなるべく筋力を使わないで加速のGに耐えることができます。つまり、背骨を加速する方向に傾けるので、筋力じゃなく骨格の構造でGに耐えることができるんです。もちろん背骨の角度を維持する最低限の筋力は必要です。ここでポイントになるのは体幹の筋肉。でも、バイクにおいていかれないようにハンドルにしがみつくよりよっぽど力は使わないし、腕の力みがないのでバイクも安定します。バイクの運転全般にいえることですけど、常に骨格で体勢を支えるように意識すれば大きな力はいりません。

バイクの加速時は背骨まっすぐちなみに、このとき背中を丸めないのがポイント。猫背なんかで極端に背骨が曲がってると骨格でGを受け止められず体勢を維持するのに筋力が必要です。以前、二輪教習の加速姿勢という記事を書いたので、こちらも参考になると思います。それからかっこいい乗車姿勢のコツ4つでも書きましたが出っ尻もバツですよ。

バイクに乗る時背骨を曲げない

発進して加速する時にこの前傾姿勢を意識すれば、あなたがバイクで走り出す姿は結構イケてるはずです。

疑問に思ったことや、もっと知りたいことがあれば、気軽に下記のコメント欄に書き込みしてください。「こんなことで悩んでるのは私だけでは?」なんて感じる必要はないですよ。結構、みんな同じことで悩んでますから。気軽にコメントくださいね。

お知らせ

バイク初心者サポートラボが電子書籍になりました。詳しくはこちら

PR

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*