自動二輪免許を思い立ったらまず読む!

こんにちは、Gon-Kです。このページにたどり着いたあなたは、自動二輪免許の取得を思い立ったんですよね。ようこそバイクライフの入口へ。

自動二輪免許を取得しようとすると、色々考えますよね。練習法、教習期間、教習所選び、教習期間、教習所か一発受験か、費用などなど・・・・・。

一番の心配は、技能教習をどうやってパスするか?じゃないでしょうか。本ブログのテーマもそこにフォーカスしてます。学校の勉強では予習と復習が大事!と教わりました。でも、二輪免許取得の場合、教習車を家に持って帰って予習や復習するわけにはいきません。免許がないので、バイクを買って自宅で練習もNGです。うーん、悩ましい。じゃあどうする?ズバリ、イメージトレーニングによる予習と復習実際の教習にどれだけ集中するか、そして、どれだけ連続して集中的に教習所に通うか、がコツです。

予備知識をつけてイメージトレーニング!

予備知識ゼロで教習車に乗り、指導員について行って初めてクランクや一本橋なんかに直面すると、かなり戸惑います。技能教習が始まる前に、この先何が起こるのかをイメージしておくのが二輪教習をスムーズに進めるコツです。オススメはYouTubeを見まくる。「二輪教習」で検索すれば山のように動画が出てきますよね。検索上位を一通り見れば、どんな課題があるかイメージできます。この時点では、あまりマニアックなサイトは見なくてもいいです。ただし、ネット上の動画は各課題にフォーカスしているので教習全体のイメージがつかみ難いです。なので、本屋で参考書を一冊買って(一冊で十分です)、一通り読んでおくと、良いと思います。二輪教習の全体像が体系立ててまとめられています。

二輪免許を思い立ったら予備知識が大事

教習車に乗ったら、今この瞬間に集中!

教習が始まったら、参考書だけでは全く足りません。あなた自身がバイクを運転すると、色んな疑問が出てきます。覚えるべきコツとして、一番基本になるのが教習所の指導員のアドバイスです。指導員によって少しずつ違うことを言うかもしれましせん。そういう時は、同じ質問を何人かの指導員にしてみましょう。それぞれ言うことが少しずつ違うけれど、共通する部分があるはずです。それが、その課題の大切なコツです。コツを抑えたら、あとは一番あなたに合うアドバイスを取り入れましょう。人間は腕二本、足二本、頭と体は一つですが、各パーツの長さや重さが違いますよね。つまり、バイクに乗るときのコツも、これらによって微妙に違うんです。Aさんが「いいね!」と言ってもBさんには「いまいち」だったり、その逆もあります。ピンときたものを選びましょう、ピンときたものを。そして、教習期間中、バイクに乗れるのは教習所内だけです。今この瞬間に楽しみながら集中しましょう。

二輪免許を思い立ったら集中が大事

ネットの情報で予習、復習!

指導員のアドバイスだけでもやっぱり足りません。そんなとき、当ブログの二輪教習のコツを含め、ネット検索が役に立ちます。こっちは予習と復習というところでしょうか。かなりマニアックに説明しているサイトもありますので、あなたがピンときたものを試してみましょう。教習所での練習に加え、理論を学ぶことも、二輪教習に役立ちます。ネット上のマニアックな記事は、あなたがバイクに乗って色々と悩み始めてからの方が、納得できますよ。ちなみに、ネットの情報もサイトによって少しずつ違います。ピンときたものを選びましょう、ピンときたものを。

二輪免許を思い立ったらイメージトレーニング

教習日と教習日の間をあけない!

まとまった休みが取れるのであれば、合宿免許が圧倒的に早いです。二輪免許取得のコツは、教習日と教習日の間をあけず、短時間で終わらせること。学生の時に、Gon-Kの友人も合宿免許に参加し二週間くらいで普通自動二輪免許を取得しました。ただし、合宿免許には、まとまった時間が必要です。学生時代なら夏休なんかを利用できますが、社会人みたいに時間に拘束されてるとちょっと難しいですよね。

そんなときは、通学しながら自分のペースで教習所に通うことをお勧めします。Gon-Kも普通自動二輪、大型自動二輪、両方とも通学で免許取得しました。ただし、マイペースといっても、教習日と教習日の間をあけず、なるべく短期間で終わらせましょう。ここ一番は上司からの残業命令をブッチギってでも、夜間教習です(クビにならないように!)。残業命令のブッチギリで人生は変わりませんが(・・多分)、二輪免許はあなたの人生を変えます。ちなみにGon-Kが大型二輪教習に通ったのは極寒の1月でしたが、早朝だろうが夜間だろうが空いてる教習枠を積極的にとりました。二輪教習には教習期限があって、教習開始から9ヶ月以内にみきわめを終了する必要があります。結構長いと思わず、1か月とか2か月で卒検まで終わらせる勢いで、教習に臨みましょう。なぜかというと、バイクの操作ってかなり非日常的な動きなので、日をあけるとすぐ忘れちゃうんですよね。これを、「9か月もあるから・・・・・」とのんびり構えていると、いつまでたっても体がバイクに慣れず、途中で脱落することが多いように感じます。集中が大事です。その勢いで教習に臨めば、たとえ延長があっても、必ず免許は取得できます。のんびりはあなたのバイクを買ってからでもできまよ。

Gon-Kは一発受験をしたことがないので、正直、一発受験については何とも言えません。確かに、教習所に行くより費用は安いので、既に普通自動二輪の免許を持ってるのなら、大型の一発受験はアリかもしれません。でも、もしあなたが初めてバイクに乗るのなら、指定教習所での免許取得をお勧めします。バイクの操作は慣れが必要です。教習所ならバイクに慣れるという時間がとれるので、精神的にも余裕ができます。そして何より確実性が高いです。

教習所選びは?

教習所のウェブサイトを色々調べましょう。なるべく二輪教習のカリキュラムが充実していて、二輪免許の取得希望者を歓迎するようなウェブサイト作りをしているところがいいです。理由は、「そんな教習所には、バイク好きの指導員がいる確率が高い」から。Gon-Kもそんな基準で教習所を選択しました。四輪に力を入れている教習所も多いです。どうせ教わるなら、バイクに積極的な教習所で、バイク好きの人から教わりたいですよね。それから、通うのが大変になるような遠方の教習所は、お勧めしません。なるべく近場がいいです。費用については、取得する免許や既に持っている免許の種類によって異なります。また、各教習所によっても、キャンペーンがあったりするので要チェックです。

二輪教習バイクライフはまず免許

世の中にあふれる数あるモノの中でバイクに出会ってしまったあなた、ツイてます。さあ、自動二輪免許の取得に踏み出しましょう!!